再び株式会社シーアイピーの須藤社長にお会いしてきました

昨晩(2017.1.31)、週刊ダイヤモンドの記事について話題にしたばかりの株式会社シーアイピーの須藤社長にお会いしてきました。

須藤社長に初めてお会いしたのは、ちょうど1年ほど前です。

今回、事務所にお邪魔したのは、須藤社長との情報交換や打ち合わせのためです。

 

最初はMacBookProの話から

スタートは、マンション管理の話はまったく関係ありません(笑)

共通の話題は、MacBookProです!

昨年、事務所にお伺いした際に、MacBookの購入検討されていることをお伺いしていましたが、最新版のMacBookProを購入されていました。

管理組合に対するコンサルタントとしては、須藤社長は大先輩ですが、Macなら私の方が先輩です!

私はブログ師匠でもある井ノ上陽一先生の影響から購入し、もう4年ほどMacBookProを使っています。

須藤社長とは利用方法に関しても、かなり共通点があることから、僭越ながら一部のショートカットキーやMacBookならでは操作方法について、簡単にアドバイスさせていただきました。

 

色々情報交換させていただきました

マンション管理の話というよりは、ブログのことなど、インターネットの活用法について情報交換させていただきました。

須藤社長は、「みんなの管理組合」というサイトを運営されています。

私がブログ書いていることなどから、ネット関連の話題が多かったように思います。

現状、社会人大学院があることから、すぐに何か一緒にできるというわけではありません。

ただ、私に声をかけていただけて、本当に有難く思っています。

 

マンション管理の話というよりは

結局のところ、マンション管理の話はあまりしていません(笑)

どちらかというと経営者視点からのお話やアドバイスを色々といただきました。

以前にも記事にした通り、最近はこの経営者視点の判断をする機会が増えています。

まだまだ未熟なため、的確な判断ができているなどとは思えていません。

しかし、一担当者的視点からではなく、先のことを考えた将来的判断や検討を行わざるをえなくなっていることは、間違いありません。

 

まとめ

目の前の問題に集中しがちですが、その最中であっても、一歩引いた視点や高い位置からの視点など複眼的な思考で状況を把握し、判断することの必要性を改めて感じています。

求められるものが変わる中、自らの目標をどこに定めるかなども含め、日々自分自身が試されています。