アンクルウェイトを使い出して4ヶ月弱が経ちました

2月27日の記事あたりからスタートしています。

風邪をひいて体調が思わしくないときや、忘れて外出してしまったときを除き、基本は毎日身につけて外出していました。

 

実感しているメリットは下半身の安定

やはり、気づかないうちに、思っている以上に弱っているものですね。

40を超え、年々身体の衰えを実感していましたが、このウェイトをつけて歩くことにより、足腰に適度な負荷がかかるようになり、歩行に安定感が出ました。

主体はダイエット目的ではなく、運動不足を補うために使っていたことから、この効果は素直に嬉しいものでした。

 

想定通り消耗品です

足という動く箇所に身につけているものであることから、アイキャッチ画像の通り、傷んできました。

まだ多少は使用できると思いますが、そろそろ買い替えなどを考えたいと思っています。

 

使用して感じたいくつかの不具合

これが一番大きな問題点ですが、私の場合は右足のみですが、くるぶしの部分でしっかりと固定できず、革靴に接触してしまい、革靴が傷んでしまいました。

何か工夫で乗り越えられれば良いのですが、とても困りものです。

次回購入時に別のアンクルウェイトを選ぶ場合には、これが最大の理由になりそうです。

 

二つ目は、これも右足のみなのですが、足の甲と踵の上あたりで、足と干渉し、水ぶくれができてしまいました。

これは、少し走ったりしたタイミングなどで擦れてしまったことによるものです。

普段から起こるわけではないのですが、一度、起こってしまうとなかなか治らないので、気になる痛みが続きました。

 

最後は、当初記事にした時に感じたよりは、身につけたポジションから下がってしまう場合が多く、思っていたよりは目立つようになってしまいました。

他のデザイン性があまり考慮されているとは思えないウェイトよりは、個人的にはあまり気になりませんでしたが、少しでも見えるのが気になってしまう人にはお勧めできない感じです。

 

まとめ

これまでの使用した結果として、体調維持のためには、もう一段階上の努力も必要と考えています。

あくまで、アンクルウェイト自体は、走ったりする時間をなかなか確保できない現状、体調維持のためにできる最低限の努力として、無理のない範囲で継続したいと思っています。