「Business Analysis」の講義レポートについて

一昨日、昨日(2016.7.1)と、今週末も講義がある「Business Analysis(企業分析)」の課題レポート作成していました。

この講義では、講義途中で事前に与えられた課題に対するレポート提出があります。

 

この課題は前半講義で学んだことを活用する必要がありました

講義でかなりフォローしていただいた内容が課題として与えられています。

具体的には、伝統的アプローチと代替的アプローチという2種類の手法を活用して、与えられたケースの財務諸表を分析し、その結果をレポートに書く必要があります。

ただテキストが大変分かりにくく、前半講義でフォローいただいてすら、まだしっかりとは理解できておらず、大変苦戦しました。

 

スケジュールは大幅に遅れました

しっかり理解できていないことをレポートに書くことから、時間がかかることはある程度想定していました。

しかし、今週は娘を病院に連れて行くことになるなど、突発事態の発生により、早めに取り掛かることに失敗しました(苦笑)

ただ、仕事でも同様に仕事が思い通りに進まないことなどは日常茶飯事のはずです。

避けられることはしっかりと回避し、その上で回避できないことは、諦めて一つずつ対処するしかありません。

結局、いろいろあった結果として、レポートには週の半ばあたりから取り組み始めました。

 

とりあえずレポートは書きましたが、まだしっくりきていません

なんとか提出日である今朝までかかり、レポートを仕上げました。

手順に間違いがなければ、ROE分析は、伝統的アプローチ、代替的アプローチのいずれを使っても、結果は同じ数値になるはずなのです。

結果、数値は一致させれたものの、幾つか疑問点が残りました。

疑問点を本日の講義で解消できればと思っています。

 

まとめ

ROE分析の数値を合わせるのに時間がかかりすぎ、レポートを仕上げるのに今朝までかかってしまいました。

あとは、週末の講義で疑問点を解決し、今回のレポート&講義で学んだことを今後に生かしたいと思います。