2年次初の講義は履修できませんでした

昨日(2017.3.25)の深夜0時に確定しましたが、社会人大学院2年次4月前半の初講義は、履修登録ができませんでした。

残念ながら、早めに手配したテキストは、講義用としては無駄になってしまいました(苦笑)

MBA取得を狙ってはいますが、勉強したい気持ちでも登録していますので、講義が履修できないということは無念でなりません。

以前にも記事にしたとおり、登録作業自体はネットで行っています。

ところが、この履修登録は仮登録で、登録はできても履修できるかどうかには優先順位があります。

 

他コースからの登録は優先順位が低い

私はTAP(会計ファイナンス研究科)生ですので、本来TAP正規科目(会計や税法の講義)の履修に関しては、最優先で登録が可能です。

しかし、2年次では、この大学院で取得可能なMBAを目指すことにしたことから、TAP科目ではなく、GMP(マネジメント研究科)科目5科目分の単位獲得が必要です。

そのため、今回4月以降の講義ではGMP科目を履修登録しました。

ところが、この履修登録、他コース生は2年次から履修登録可能なのですが、当然本来の受講生であるGMP生が優先です。

他にも、所属キャンパス(私は東京校ですが、名古屋での講義を取る場合など)による優先度などの条件のもと、先着順で履修できることとなっています。

結論、他コースからの受講だと履修登録できても、講義がGMP生だけで満席だと、他コース生は履修させてもらえないという結果になります。

そして、今回2年次春期最初の講義で、その通りの結果となってしまいました。。。

 

一応、登録削除期間も待っていました

登録だけして、後で履修を取りやめる人もいます。

制度上、登録削除は、講義開始14日前まで可能です。

もし、登録削除者がいれば、満席ではなくなりますので、削除者分については他コース生も登録先着順で履修できることになります。

しかし、今回の結果だけからみると、最終的に待ち順位が1〜2人分ぐらいしか変わりませんでした。

 

ちなみにこの後の講義も

4月後半、5月前半の講義も満席の講義となってなっており、登録削除者など正規生で受講しない人待ちの状態です。

仮に今回と同じく1〜2人程度の登録削除者しか出なければ、待ち順位からすると、私は履修できない状況です。

早期修了を諦めたことから、講義が一つ二つ履修できなかったとしても、即卒業やMBA取得に影響が出るわけではありません。

しかし、このまま履修ができない状況が続いてしまうと、科目履修の問題でMBAの取得は厳しくなる可能性があります(苦笑)

 

まとめ

そもそも履修できても単位が取れるかどうかわからないという問題があるにもかかわらず、このような課題まで出てきてしまいました。

対策としては、履修登録できるだけGMP科目を全て履修すること、人気のなさそうな講義を選ぶこと、登録は先着順であることから登録開始日の午前0時のタイミングを狙って登録することぐらいでしょうか?

一応、午前0時ちょうどの登録競争は先輩方から、多少は伺っていました。

もし、このままこの状況が続くようであれば、早期修了を狙う人は厳しいでしょう。

期間が半年間(最大8科目履修可能)しかない上に、慣れないGMP科目で上位7割の成績に入って5科目(MBAを狙う場合)単位を取る必要があり、そもそも履修できるかどうかもわからないとなっては、厳しい限りです。

私もできれば、前期の春期中にはMBA取得を確定させたかったのですが、これでは卒業要件を満たすことで精一杯となってしまうかもしれません。