マンション管理士会湘南支部11月度の例会に出席してきました

昨晩(2016.11.16)は、所属している(一社)神奈川県マンション管理士会湘南支部の定例会でした。

先月の例会は、急遽の都合で出席できず、ひと月空けての出席でした。

 

行政無料相談会レポート

私は先月、国県市の合同行政相談所の無料相談に行きましたが、相談がなく残念でした。

こちらは市役所などが受け付けている行政の無料相談で、今回は茅ヶ崎・藤沢での4件の相談事例に関して報告がありました。

税理士での無料相談でも同じだと思いますが、相談時間に限りあり、また相談者が判断に必要なすべての資料を持ってきているとは限らないことから、内容によっては中途半端な相談・回答にならざるをえない相談です。

しかし、その相談内容をきっかけとして、いろいろディスカッションができます。

断定できないところはありますが、相談事例に対する回答が的確であったかどうかなどを考えることでき、直接、相談を受けずとも、その経験を共有することができます。

したがって、相談経験のない人をレベルアップさせるのが、その趣旨と考えています。

また、別の視点から見ると、相談のトレンドなども知ることができると考えていますので、すでに知ってることであったとしても、そこに学びがないということはないと考えます。

もちろん、自分自身で無料相談会を開催でき、人集めができるレベルまでの方には必要ないものだと思いますが、そういう方は、管理士会所属する必要性がないことから、おそらくほとんどいらっしゃいません。

結論、自分自身で相談会を開催していない方には有効だと考えています。

私は現在、社会人大学院での講義が週末にあり、無料相談会やセミナーなどを自主開催していませんが、いずれ自主開催するにしても、環境が整うまでは、この支部会に参加して勉強することには意味があると感じています。

 

多くは人間関係の問題

相談事例の多くはシンプルに法的なアプローチで対応できるものはなく、そのほとんどが人間関係に端を発しています。

法的な問題や良し悪し、善悪の観点からだけでは判断できないようなことが相談事例の話題には登りやすく、安易に解決できる問題ではありません。

その意味において、備えが重要で、予防が大切だと感じています。

しかし、何にでも備えることはできません。

この辺りのバランスが著しく崩れた時に、問題が深刻化していると感じています。

 

まとめ

税務もそうですが、多くが人間関係の問題だとしても、その前提としては、法的なアプローチが必要です。

基本をしっかりと押さえた上で、その先を目指せるように複雑な問題だとしても、できるだけ物事を整理・単純化できるスキルを磨きたいと考えます。