今年はマンション管理関連でセミナーを自主開催したいと考えています

一昨年からブログを開始し、いろいろとマンション管理関連の記事を書いてきました。

実は、ブログでの手応えから自主開催するセミナー内容を決めたいと考えていました。

いままで書いた記事の中で一番読まれたマンション管理系の記事は、『熊本地震でマンションが受けた被害について』です。

タイムリーだった上に、記事の内容としてもヒットが狙える記事でしたので、この記事がバズることは想定できたのですが、あくまで調査報告の解説でしかありません。

残念ながら、このほかにもいろいろ記事は書いたものマンション管理系の記事はあまりPVが伸びず、テーマを決めきれるようなところまでは、手応えがありませんでした。

 

そこで方針転換

昨年春からは社会人大学院関連のことを中心に記事を書いたこともあり、今年も継続してこのまま手探りを続けても成果は薄いと考えました。

逆に、今年はブログとは別個にテーマを検討し、自主開催のセミナーを開催することにしました。

ただ、まだ開催テーマは決まっていません。

そして、大学院での修士論文もあり、少なくとも今年の前半はこの部分に注力できる環境にはないと考えています。

それでも、環境を整え、開催したいと考えています。

そこで、年始ということもあり、現時点でこのブログで宣言しておくことにしました。

 

方向性としては現場込みで管理実務に関して

管理組合向けというよりは、同じマンション管理士向けにセミナーを開きたいと考えています。

理由は、昨年行った研究会での発表体験にあります。

同じマンション管理士といっても、出身が私のように管理会社の方もいれば、管理組合理事の方もいらっしゃいます。

この出身畑の違いから、かなり専門分野などに違いがあり、私の知識・体験で役立てるものがあると感じたことにあります。

ただ、マンション管理士会の各研究会は、夕方から県士会事務所にて書類での発表です。

この形式も一定の学びがあるとは考えているのですが、これでは現場実務を伝えることは難しいと感じています。

また別の角度から、会計知識などでは、「0」を「1」にするスタートアップは伝えやすいですが、学校ではないので、一から全体について伝えることは難しいと思っています。

また、セミナーという単発形式での情報・体験提供の場合、正直、現場を踏まないセミナーはいくらでもあることから、そのような内容では、私でなくても、誰でも開催できるものになると考えました。

あくまで理想ですが、私が自主開催したいセミナーでは、現場と知識を結びつけるものにしたいと考えています。

 

もちろん管理組合向けも

当然、仕事として管理組合向けのセミナーも開催したいと考えています。

「0」を「1」にするセミナー系を目指したいと考えていますが、こちらも、どのような内容とするかは、まだまとまっていません。

今年は、この辺りも模索し、年内に最低1回は地元で自主開催のセミナーを開催します。

 

まとめ

せっかく社会人大学院で、プレゼンを学んでいます。

それほど身についたとはいえませんが、逆にそうであるからこそ、反復も兼ねてアウトプットを増やすことに意味があると考えています。

そして、そのアウトプット能力を高めることが、税理士としての能力にもプラスに働くと考えています。