朝少し走るようにしました

いつまで続くかはわかりませんが、先月下旬から朝の時間を使って走るようにしています。

スケジュールの関係上、毎日走っているわけではないのですが、そろそろスタートして3週間になることから、習慣化できてきたと感じています。

 

もともと軽く走っていました

税理士試験受験時代から体調管理を目的として、少し走るようにしていました。

しかし、このブログ更新を始めた際に、このブログを書く時間と走る時間とをバーターしてしまったことから、社会人大学院入学もあり、その後は走れていませんでした。

 

結果は散々

自らの置かれた環境と優先度から考えれば、走る時間を優先できなかったことに後悔はないのですが、同時にこのままでいいという結論にもなりません。

結果から考えると、税理士試験受験時代と同じように、社会人大学院生時代でもちょくちょく体調を崩してしまい、果てには喘息にもなってしまいました。

このような体調不良に見舞われながらの税理士試験受験&社会人大学院生生活ではありましたが、なんとか科目合格を果たし、大学院も修了でき、プライベートでは第二子も生まれてきてくれましたので、結果オーライとしておきます。

ただ、当然このままでいいわけはありません。

身体を動かすことを始めたいとこのブログで宣言していた第一弾として、少し走り始めました。

 

目標は健康寿命を伸ばすこと

個人的心境として、意識高く走り始めたというよりは、止むに止まれず走り出した感じです。

士業に限らず個人事業主は身体が資本です。

組織であっても、なかなか代わりをお願いすることは難しいはずです。

ましてや、個人事業主では代わりをお願いできない場面が数多くあります。

平素でも体調は崩せませんし、将来的に考えても今年第二子が生まれたわけですからその成人にはあと20年かかります。

国の政策ではありませんが、私自身の都合上も健康寿命を伸ばし、元気に健康に生きることを目標にせざるを得ません。

 

いまは鈍ったから足腰の鍛え直しが主体

走り始めは、体力を付けるというよりは、鈍った身体の鍛え直しになります。

そのため、距離を走るのではなく、早めのペースで短い距離(5分半/km:ジョグというよりはランに近い)を週に4〜5回走っています。

過去の習慣化の取り組みから考えると、3週間経った現在は、習慣化が軌道に乗ったと考えられるタイミングです。

今後は、体調と相談しながら、距離を伸ばし、ペースをジョグに近づけようと考えています。

 

まとめ

習慣化の取り組みでもっとも難しいのは、環境を維持することです。

過去の体験を踏まえ、やはり健康が重要という結論になったことから、他に優先して時間を作っています。