国立国会図書館に行きました(失敗編)

一昨年、娘と外出しましたので、昨日(2016.8.3)は修士論文の研究を進めようと、国立国会図書館へ行きました。

ただし、タイトルの通り失敗し、研究は進められませんでした。。。

 

意気揚々と出発

国立国会図書館は、国会議事堂の隣にあります。

国会議事堂

住まいの藤沢からは、電車で一時間半コースです。

午前の勤務後、一旦自宅に戻って、準備をしてから出発しました。

ルートとしては、「藤沢〜新橋〜溜池山王」と電車移動し、あとは徒歩です。

アップダウンのある地形で、少し汗をかきましたが、国会議事堂を横目に歩き、程なく到着しました。

国立国会図書館外観

 

18歳未満は入館禁止

初めて来たことから、新規登録をしようと、案内に従い新館に入ります。

国立国会図書館新館

ところが、入った瞬間に案内の方より、一緒に連れてきた娘が入れないことを指摘されました!

勉強するためにきたので、とうぜん当初は独りで来る予定でした。

しかし、帰宅時に妻から外出用件があるので、夕方は娘の面倒を見て欲しいとの依頼があり、図書館だから娘に絵本を読ませるスペースぐらいあるだろうと、安易に引き受けてしまっていました。

事前にネット検索をしてある程度調べていたのですが、もともと娘を連れてくるつもりではありませんでしたので、関係のない事項は目に入っていません。

図書館の職員さんにいろいろご相談にのってもらったりもしましたが、即効性のある解決策はなく、ここまで来ておきながら、新規登録だけしかできないという事態に。

次回のリベンジを心に誓いつつ、本日の図書館での調査は諦めました。

 

アクアパーク品川へ

失敗してしまったことを悔やんでも始まりません。

しかも、娘の面倒を夕方まで見るという縛りはなくなっていません。

娘に相談したところ、また「水族館に行きたい!」とのご要望です。

さすが、に昨日行ったばかりの八景島シーパラダイスや、自宅を通り越して新江ノ島水族館まで行くのは勘弁して欲しいところでした。

ネット検索したところ、17時以降も開園している水族館は限られていましたが、さすがは首都、ないわけではありません。

帰り道の途中、品川にあるアクアパーク品川に行くことを決め、娘と一緒に移動です。

30分ほどの移動で、かつ、品川駅からも近く、かなり楽に到着です。

アクアパーク品川エントランス

 

ここでもイルカショーを楽しみました

イルカショー

昨晩に引き続きイルカショーです(笑)

こちらのステージは屋内のため、昨晩の八景島シーパラダイスのようなスケール感はありませんが、逆に客席との距離を縮め、水しぶきと、臨場感で勝負といったところでしょうか?

17時すぎには入館していたことから、18時の昼用のショーと、19時からの夜用のショーの2種類を見ることができました。

夜バージョンは、例のごとく暗すぎて写真撮影できませんでしたが、昨今話題のプロジェクトマッピングを組み合わせ、演出に力の入ったキレイなショーでした。

娘的には夜バージョンの方が気に入った様子で、また来たいとのご評価です。

 

やはり暗いところは怖いようです

クラゲ

水族館に行きたいという割には、暗がりが怖いらしく、キレイなライトアップがされていても、今回も下層階部分はほぼ素通りです。

ただ、上層階部分の南国っぽい水槽は、魚たちのカラフルさなども手伝ってか、かなり興味を持って眺めていました。

水槽

そして、今回も水槽の中で一番食いつきが良かったのは、ペンギンかもしれません。

ペンギンの水槽

 

まとめ

はからずも続けて娘と外出です。

娘と一緒に遊べるところは嬉しい限りですが、論文も気になります。

国立国会図書館は来週あたりにリベンジしたいと思います。