ナイキのアンクルウェイトを使ってみました

先日記事にし、 Amazonで購入したアンクルウェイトが届きましたので、早速使ってみました。

色々頂き物『みんなの管理組合』運営チームより色々頂きました!
先日、『みんなの管理組合』に無料で投稿していることを記事化しましたところ、運営チームさまより色々届きました。 ありがとう...

購入した商品はこちら。

ご著書で耐久性からお勧め頂いていたのはトータルフィットネスさんの「ソフレアンクルリストウェイト」でしたが、私は日常的に使用するものならフィット感が重要だと考えたため、ナイキのものにしました。

 

装着感&外観は思っていたよりは目立たない感じ

もちろん、つけていないことに比べれば、付けていることはわかるはずです。

大きさとしては、15インチ MacbookPROに乗せて、このスケール感です。

アンクルウェイト大きさ

普段から身につけ歩くにはスーツを着た状態ででも目立たないことが必要です。

初使用で日中ずっとつけて歩くことになるので、まずは緩衝材として靴下の上の装着することとしました。

靴下からの装着状態

上からのアングルだと、ボトムのライン崩してしまうこと以外には目立っていないはず。。。

上からのアングル

横から見ると、アンクルウェイトがはみ出ますが、黒の靴下と合わせたので、写真では目立っていません。

横からのアングル

後ろからのアングルだと、グレー色の部分が目立ちます。

歩いている時はもっと目立つはずなので、気付かれるかも?

後ろからのアングル

 

初心者には少し重すぎたかも

ナイキの商品は、今回購入した一つ2.27㎏のこのタイプの他は、半分の1.13㎏ものしかなかったはずです。

さすがに1.13kgでは軽すぎると思ったので、2.27㎏のこの商品にしましたが、考えるまでもない事ながら、左右で2つ付けるわけですから、4.5㎏のウェイト増です。

1日付けただけの感想でしかありませんが、初心者が付けるには少し重すぎたかもしれません。

しかし、人生で一番体重があったサラリーマン時代には、このウェイトをつけた状態よりも重い時がありました。

気持ちとしてはいけるはずです(年齢は考慮しないことにします:苦笑)

しばらく、これで頑張ってみます。

 

一番良かったことはくるぶしが痛くないこと

足という動く時には、相当大きく運動する部分に装着するものですので、多少のズレや、動きによる擦れは想定内でしたが、ナイキのこの商品は、商品形状からもわかると思いますが、一番飛び出している「くるぶし」に干渉しないように巻くことができます。

そのため、くるぶしが痛くなるようなことはありません、Amazonのレビューにもありますが、フィット感が素晴らしいです。

他の商品を使ったことはありませんが、この商品一番のメリットではないでしょうか?

 

懸念材料は足首の太さにしっかりと合うかどうか

問題点は、マジックテープの重ね合わせ部分に遊びがほとんどないことです。

サイズフリーとは書いてはありますが、足首が太すぎても細すぎても調整することができません。

私はたまたま体格の割には足首が細めです。

そのため、この商品の長さでぴったりと合いました。

 

まとめ

須藤先生のご著書にもありましたが、アンクルウェイトは毎日身につけることになるものなので、消耗品です。

耐久性と装着感、コストとのバランスを見極めながら、商品を探すことになります。

結果、私としては、商品としては今のところ良いものを買ったと思っています。

ただ、失敗点は価格です。

Amazonでは、4,536円でしたが、ヨドバシのネット価格は2,750円です。

ネットでの価格比較まで気が回っていませんでした(苦笑)

ヨドバシでの価格

 

いいものを買えたので、これを使って健康維持できれば、安いものだと思うことにします。

初日から腰にキテますが・・・。