タブレット端末をお借りして凌いでいます

昨日(2016.7.16)は、一昨日の朝、調子に悪かったMacBookProが全く動かなくなってしまいました。

 

大学院の講義、紙とiPhoneで対応しました

本来、ノートパソコンを用意して臨まなければならない大学院の講義があったのですが、昨日の講義は、発表グループのメンバーに必要資料を印刷してもらいました。

また、自分が作成、収集したファイルはDropboxやGoogleドライブにアップロードしていたことから、なんとか閲覧ができたので、それで応急対応しました。

 

講義後、Apple Storeに持ち込み

2016-07-16 20.25.14

事前予約を入れておき、閉店間際のストアになんとか滑り込みました。

講義が少し延長になった分だけ予約時間に遅れてしまいましたが、ほとんど待たされることなく、診断してもらえました。

また、幸運なことにここでは再起動と症状の再現に成功し、診断処理をスムーズに進められました。

結果は、VIDEOシステムのみの不良とのこと。

2016-07-16 20.27.33

予想はしていましたが、当然この場では直りません。

ラボに送ってもらい、修理費の算定をお願いしました。

 

そして、このブログは借りたタブレットで書いてます

昨日の朝の時点では、修理になった時点で新しいMacBookを買うしかないと考えていました。

ところが、昨日の講義の時点で、アミダくじでパソコンがないと難しいプレゼンが終わり、そして予備でもってきているタブレットを借りられることになりなした。

これなら、あと二日間はタブレットで凌げます。

 

まとめ

昨日からトラブル続きで、メンタルが折れそうな勢いだったのですが、棄てる神もあれば、拾ってくださる神もいて、真面目に周りの方々に助けられて、生き残れています。