マンション管理士会湘南支部4月度の例会に出席してきました

昨日(2016.4.20)は、先月も出席した(一社)神奈川県マンション管理士会湘南支部の4月度の例会でした。

前回は周りが真っ暗でしたが、今回は夕暮れの明るさで、気分も少し明るくなります。

 

前半は支部長よりの県本部の理事会報告

会場掲示板

ほぼ聴いているのみの理事会報告ですが、神奈川県マンション管理士会の動向がわかるものでした。

雑多な話も多いながら、ここでしか聴けない話もあり、私としてはけっこう重要度の高いものとして捉えています。

現在、マンション管理士会では、分裂していた会が一体となったことを追い風にして、会員獲得に力を入れているとのこと。

脱退者も多少は出るものの、毎年合格者がいることもあり、基本的には増加傾向のようです。

当然、これに満足しているわけではなく、連合会全体で1,600名の会員を2,000名とすることを目指して試験合格者に向けた入会説明会の開催など活動を行っています。

私もこの説明会には出席しました。

 

後半は行政関連の相談員メンバー調整

マンション管理士会では、行政が行っている無料相談会の相談員を請け負っています。

前回の例会で相談員担当の年間スケジュールが既に決まっていましたが、その担当相談員を降りる方が出たことから、その方が抜けた穴を埋めるための調整が行われました。

今回のこの調整でわかったことは、この相談員の就任にも「マンション管理士賠償責任保険」の付保が必要なことです。

もちろん、無料の相談会であっても賠償責任の発生がゼロとは言えません。

トラブルに対処するためには必要な措置かもしれませんが、無料相談会の相談員にまで求められるとは意外でした。

この他にも、国と神奈川県の合同で行われる「行政相談所」への相談員派遣についても派遣会員の調整が行われています。

 

まとめ

新規入会者として例会で感想発言を求められましたが、まだ入会して1ヶ月半ほどにしかすぎず、入会に対する感想を出せるような状態にはない旨を説明しました。

実際のところ、もう少し具体的な体験を経た上でないと何かを言える段階にはないと考えています。

そうすると、一度は無料相談会の担当をやってみたいと思っています(やらせてもらえるかどうかは別の問題ですが・・・)

いずれにせよ、「マンション管理士賠償責任保険」を掛けるべき理由がまた一つ増えてしまいましたので、早めに手続きを進めた方が良いようです。