マンション管理士会の入会承認書が届きました

一昨日(2016.3.2)、先日入会説会に参加し、その後、入会書類を送付した(一社)神奈川県マンション管理士会から入会承認書が届きました。

理事会での入会審査が無事通って何よりでした。

しかし、届いた入会承認書記載の入会金納期限(「3月2日」と記載されていましたが、カッコ書きの通り「入会承認書送付日から1週間」だとすると承認書の日付が「2月29日」ですので、その1週間後は「3月6日」のはず)を、さっそく間違っているところに先行きの不安を覚えます。

ただ、理事はボランティアで活動されているはずですので、シングルチェックでは多少の誤字などあり得る話です。

 

入会必要書類

入会関連書類

まずは「入会申込書」です。

入会説明会でもいただけましたが、神奈川県マンション管理士会のホームページからもダウンロードできます。

私はそちらのWordファイルに必要事項を入力の上、印刷し、記名押印しました。

所属支部などは住所で決まってしまうため、選びようがありませんが、研究会は自分で好きな研究会に参加できます。

すべての研究会に、少なくとも一度は顔だしてみたいと考えています(と言っても、社会人大学院もあり、時間が取れるかが不安ですが:苦笑)

このほか添付資料として、「マンション管理士登録証(写し)」と「直近の登録講習修了証(写し)」も必要です。

マンション管理士登録書は住所変更のため、昨年新しいものを取得しました。

また、現業を一旦離れたため受講していなかった登録講習も今年受講しました。

双方をコピーし、添付します。

 

次に「マンション管理士登録申請書」です。

こちらは、上部全国組織である(一社)日本マンション管理士会連合会への提出書類です。

「入会申込書」とほとんど同じようなことを書くことになりますが、大きな違いは裏面の「略歴書」部分だと思います。

入会説明会時にも少し話があり、特に決まりはないながらも白紙では提出しないように注意喚起がありました。

こちらもWordデータで作成し、印刷の上、記名押印しました。

添付書類は、上記の「マンション管理士登録証(写し)」と「直近の登録講習修了証(写し)」の2つに加えて、「住所または事務所の所在地を証する書面」「誓約書」「写真(3㎝×4㎝)」です。

入会申込書に添付しましたので、「マンション管理士登録証(写し)」と「直近の登録講習修了証(写し)」は各1部のみ同封し、「住所または事務所の所在地を証する書面」として「住民票」を添付しました。

なお、「住民票」は、登録事項変更届出の際にも利用した住基カードの『行政サービス』を活用し、コンビニでプリントしています。

「写真」は直近撮影したものがありましたので、そちらの余り(いつも4〜6枚プリントされるので余ります)を添付し、「誓約書」は署名押印して添付しました。

 

入会金

今回の入会金は「39,100円」とのこと。

内訳は、次の通りです。

・入会金10,000円

・年会費16,600円(3月から12月の9ヶ月分)

・日管連登録料10,000円

・日管連登録証発行手数料2,500円

振り込みして、メール連絡すれば、手続き完了です。

いまブログ更新している時間帯だと、都市銀行から振込先の横浜銀行の口座名義が確認できないため、8時以降に再チャレンジして名義確認後に振り込み&メール予定です。

 

まとめ

何はともあれ、無事に入会できました。

人との出会いなど楽しみもありつつ、今後は(一社)神奈川県マンション管理士会のメンバーとして恥ずかしくない活動ができるよう努めたいと考えます。